マイナンバー制度の理解

通知カードと個人番号カード

マイナンバー通知カード

意外と紛らわしい通知カードと個人番号カードの違い

通知カード

通知カードとは、2015年(平成27年)10月5日(月)より簡易書留で配送されているマイナンバーが記載された紙製のカードです。

カードの券面に氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバーが記載されておりますが、顔写真が入っておりませんので、身分証明書として利用する場合は別途顔写真が入った証明書(免許証など)が必要になります。

個人番号カード

個人番号カードとは、マイナンバーが通知された後に市区町村に申請すると、2016年(平成28年)1月以降に受け取れるICチップを内蔵したカードになります。

券面に氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバーなどが記載され、本人の顔写真が表示されるため、身分証明書として利用できるほか、ICチップを利用してe-Taxをはじめとした各種電子申請や、図書館利用証、印鑑登録証などへの利用が可能になります。


コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>